園日誌

diary

きゅうちゃんの苗植え

5月18日 きゅうちゃんの苗植え

ある日、「たんぽぽさんとすずらんさんにおきゃくさんがきてるんですって!」
と幼稚園のニコニコ畑の前に集合した年少組。

「お客さんて誰だろう?」と考えながら待っていると。。。
ぶーん ぶーん キキー!!!! と車が走ってきました。
そこから降りてきたのは。。。きゅうりのきゅうちゃん!!

きゅうり2

きゅうり3

するときゅうちゃんは「何か困っていることがあったら、僕が助けてあげるよ!!」と。

「さっきからお水を飲んでいなくて喉がカラカラなんだよ〜」とみき先生。

きゅうり4

でも、そんな時はみずみずしいきゅうちゃんを食べると。。。。元気モリモリに!!!

たくさん遊んですぐにお腹が空いてしまうお友だちも、時々涙が出てしまうお友だちも。。。

きゅうり5

きゅうり6

きゅうちゃんを食べればもう大丈夫!! みんなニコニコ笑顔になれるのです!!!

そうと知ったらきゅうちゃんを食べたい!!!
けれどきゅうちゃん一人だけでは年少さんみんなの分は足りません。
そこで!!届いたのは。。。”たっきゅうりびん!!!”

きゅうり12

早速中身を見てみると。。。あれ? キュウリじゃなくて葉っぱ?

きゅうり7

「きゅうちゃんったら! これじゃあみんなできゅうりを食べられないじゃない!!」とお話ししていると、
「違う違う!これはきゅうりの赤ちゃんなの! たんぽぽさんとすずらんさんがお母さん、お父さんになって
お世話をしてあげて欲しいんだ!!」ときゅうちゃん!

そうと聞いたら! 年少組はかわいいお母さんとお父さんに変身です。

まずは!たくさん眠って大きくなれるように土のお布団をかけてあげます。
葉っぱにはかからないようにそーっと。おててで優しく。。。

きゅうり8

きゅうり9

これで大丈夫!と思ったら、きゅうりの赤ちゃんたちの泣き声が聞こえます。
よーく耳を澄ませて聞いてみると「喉がカラカラだよ〜」と泣いていたのです。

そこで今度は、じょうろにたっぷり水を入れて力を合わせて 1、2!1、2!とみんなで運び、きゅうりの赤ちゃんの
足の近くにかけてあげました。

きゅうり10

すると赤ちゃんの泣き声は聞こえなくなり、そこに気持ちのいい風が吹いてきて。。。
なんだか嬉しそうにダンスをしているようでした。
それを見てお母さんとお父さんたちも「よかった〜」と一安心!

でもでも赤ちゃんは寂しがりやさんなので「またね!」
「また明日会いに来るね!」とお約束をしてバイバイをしました。

これから赤ちゃんたちのお世話で大忙しになりそうですが、大きくなるのが楽しみ〜になった年少組です!