園日誌

diary

オオムラサキの幼虫とサナギ

 6月中ごろは、緑色のキティちゃんのようなお顔のオオムラサキがサナギになりました。

7月3日、14日間のサナギから、むらさき紋のオオムラサキの雄が羽化しました。

いつもネイチャーランドでお世話をしてくださっているタケさんが、「国蝶オオムラサキを見せて!」と幼稚園にお孫さんといっしょにいらっしゃいました。

そのときに盆栽のみかんの木に付いたアゲハチョウの幼虫をたくさんいただきましたが、今ではほとんどサナギです。そろそろ羽化してステキなアゲハチョウが舞うことでしょう。

オオムラサキは、びわの実を毎日、自分のストローで力づよく飲んでいましたが、子どもたちも夏休みになりましたので、窓を開けたら、外の仲間のところに飛んでいったようでした・・・

もしかしたら、みなさんのお家のお庭や、ベランダで、見かけるかもしれません・・・ 

オオムラサキ・さなぎ

オオムラサキ羽化