おやおや相談室ブログ

oyaoya sodan

1月のひとこと

「体温調節には 運動・食事・睡眠を

 昔は『子どもは風の子』と言いましたが、最近は外に出たがらず、暖房を求める子たちが多いように感じます。低体温の子も増えたそうです。

 それには、一日中暖房の付いた部屋で過ごしていたり、買ったお弁当やお惣菜を食べる機会が多かったり、夜八時以降の就寝が多いといった
運動・食べ物・睡眠の不足が大きく影響しているようです。
 
 
 
 子どもは本来体を動かして遊ぶのが大好きです
しかし、「危ないから」 「風邪をひくから」 「汚れるから」とその気持ちを抑えてはいませんか?

 体は動かせば丈夫になり、風邪をひきにくくなりますし、遊びながら動かし方や出来る事を知り、危険なことはしなくなるのではないでしょうか。
多少泥んこになったり擦り傷を作っても、元気に遊ばせてあげたいものですね。
 
たくさん遊んでお腹がペコペコになったら、温かい物や旬の物などをバランスよく取り、食べて体を温めながら『冬のおいしさ』を存分に味わって下さいね。
 
眠る2・3時間前にお風呂に入れば、心地よい眠気が訪れ、朝にはすっきり目覚められますよ。
 

 体のリズムを作る事が、体温調節機能の発達につながります。
「子どもも 大人も 風の子」を目指しましょう!!