おやおや相談室ブログ

oyaoya sodan

ちょっと聞かせて!Q&A

 「嘘だと分かる事を、まるで本当のように言うのはどうして?」

  「昨日ね、おかしを100個買ったの。」「家には、大きなプールがあるんだよ!」「毎日、誕生日パーティーしてるの!!」  
 
 
 こんな風に、子どもたちが突拍子もない事や、現実とかけ離れた事を話すことがあります。
 「嘘を言わないの!」「また変なこと言って!!」などと言いたくなりますが、叱る前に、なぜこう言い出したのか、そこに至るにはどんな出来事があったのか、『言葉の理由やいきさつ』を考えてみませんか?
 
 
 今は、幼児期特有の“空想の世界に遊べる時期”なのです。友だちの話や物語の世界に憧れ、「こうなったらいいな。」「こんなことがしてみたいな。」と想像したり願いを持ったり、周りの人に「すごいねぇ!」「いいなぁ。」と羨ましく思われたり、注目を集めたくなることもあるのでしょうね。

 もちろん、相手を傷つけたり、話が大きくなり過ぎている時は注意すべきですが、そうでなければ「それはいいわねぇ。「ママも行ってみたいなぁ。」と、時には話に乗ってみると、“わが子の気持ち”にぐっと近づけるかもしれませんよ。