おやおや相談室ブログ

oyaoya sodan

ちょっと聞かせて!Q&A

 「何かにつけて[めんどくさい。]と言う事が多くなりました。どうしてなのかしら

 子どもが「めんどくさい」と言う時は、何らかの理由があるように思います。
 
 「億劫だなぁ。」「今はやりたくないよ」とやる気が起きなかったり、「初めてだから怖いなぁ。」「失敗したらどうしよう。」と不安を隠して強がっていたりと、その時々で理由は違うようです。 
 そこで「しっかりしなさい!」「もっと頑張れるでしょ」とばかり言われると、「分かってもらえない」という気持ちが膨らみ、ますます面倒くさくなってしまうのかもしれませんね。
 
 そんな時は、「○くんが片付けたら、部屋がきれいになって気持ちがいいね。」と、子どもがした事を褒めたり、「難しいのによく頑張ったね。」と努力を認め、いつも見守っていることを伝えるなど、ちょっと言い方を変えてみてはいかがでしょうか?
 
 そういった言葉や想いを子ども自身が感じた時から、きっと少しずつ変わってくると思いますよ。どうぞ、大人も“めんどくさがらず”に、向き合ってあげてくださいね。