おやおや相談室ブログ

oyaoya sodan

み~つけた!

◇いろんな顔 み~つけた!

 靴の先をくっつけて、おにごっこの“鬼決め”をしたり、ごほんの部屋の階段に座って、夢中で絵本を読んだり、パレードやパラバルーンの踊りを、完璧に真似できるようになったり、幼稚園が始まって5か月が過ぎ、子どもたちのいろんな姿が見られるようになりました。
 
 お母さんたちから「お友だちと仲良くしていますか?」「怒られるようなことはしてないですか?」と聞かれることがあります。“いろんな姿”と書きましたが、そこには、友だちとけんかしたり、先生に叱られたりといった姿も大い!?にあります。でもそれは、子どもにとって幼稚園が、よい所もだめな所も全部出せる場所になったからだと思います。
 
 一緒に笑ったり、本音でぶつかったり、泣いても気持ちを切り替えたり、競い合って成長したり、力を合わせて頑張ったり・・・。そうやって過ごす友だちや先生がいるから、いろんな姿を出せるようになったのではないでしょうか。
こうなってほしいと思う姿と違っても、それが自然な子どもの姿ですものね。けんかしたけど「ごめんね」が言えた、全部じゃないけど嫌いな物を食べた、小さい声だけど挨拶ができた。運動会を終えて、また少し、たくましくなった姿が見られそうです。[emoji:e-287][emoji:e-420]