おやおや相談室ブログ

oyaoya sodan

み~つけた!

◇思いをつないでいく

 一日保育が始まり、子どもたちはいろいろな所で遊ぶようになりました。
 園庭の遊具“わんぱーく”に登る年少さんにとって、最初に難しく感じる場所があります。それが、縦になったはしごの部分です。体を後ろ向きにして降りると足を下ろしやすいのですが、その、体を後ろにするということが、最初は怖くて苦戦するようです。
 
 年少のHちゃんが挑戦する時に、先生と一緒に年中のMちゃんも見守っていてくれました。一度降りたMちゃんが、もう一度登りながら実践してくれて、それを真似しながら、Hちゃんは先生と縦ばしごを降りることが出来ました。[emoji:e-460]
 するとMちゃんがこう言いました。「Mはね、すずらんぐみの時、れんげのAちゃんが教えてくれたの。だからMも教えてあげるんだよ。」
 
 教わったことを自分も教えてあげたい、大きくなったら小さい子に何かをしてあげたい、そんな気持ちがちゃんと育っていることを、とても嬉しく思いました。きっとこの気持ちや体験が、Hちゃんにも受け継がれていくことでしょう。[emoji:e-420]